女医の結婚の真実

女医、と聞くと男性の中には右のような白衣を着たセクシーなお姉さんを思い浮かべるかもしれません。

いかにもモテそうですよね…。でも、現実はこんな患者さんを挑発するような生足を出してはいけませんし、化粧っ気もありませんのでモテません。モテるどころか結婚難民で溢れております。

女医はどれくらい結婚できないのか、結婚できない理由は何なのか、結婚するにはどうすればいいか、今回は女医の結婚について掘り下げていきます。

続きを読む

このサイトについて

「医学部勉強.com」は、医学部生や医学部受験生の皆さんに、医学部の実態や勉強法をお伝えする情報サイトです。

当サイトは医師と医学生の二人で運営しております。

医者や医学部での生活、勉強法等ご質問がございましたら、一番下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

続きを読む

発生学のおすすめ教科書

発生学は、医学生が初めの方に学ぶ基礎医学の一つです。解剖学に通じる部分があるので、解剖実習が始まる前に発生学のテストが待ち受けている大学も多いです。

発生学は、生物の発生を精子と卵子の出会いから母親の膣から出てくるまでの道のりを見ていく分野です。受精卵の形態変化や胚と人体の対応関係などイメージしにくくて難しいのですが、高校時代に生物を選択していた人は被るところが多々あり覚えやすい傾向にあります。

今回は、生物選択でなくてもわかりやすい発生の教科書を紹介したいと思います。

続きを読む

医学部の雰囲気は?国立と私立の違いは?

医学部受験生や新入生にとって不安なのが、学部の雰囲気。

医学部は他の学部と比べると特殊な環境です。6年間100人がほぼ同じメンバーのまま過ごします。中には、医学部を目指し続けた多浪生、一度大学を卒業してから医学部を受け直した再受験生などもいて多種多様です。

さて、そんな医学部内はどんな雰囲気が漂っているのでしょうか。

続きを読む

医学部のイケメンまとめ

医学部には、この世のヒエラルキーの頂点がいます。それは、イケメンです。

安定した高収入が約束されながら、顔もいい。残念ながら世界は平等に作られているわけではありません。天は二物を与えます。

最近堅苦しい記事が続いたので、今回は恵まれし人々をまとめてみたいと思います。

続きを読む

CBTで短期間で8割取れる勉強法

医学部は四年になると、今まで学習してきたこと全てが範囲という鬼畜な試験を受けなければなりません。

受験料、再試料共に2万5000円かかり、合格基準(6割〜7割)に達しなければ問答無用で留年が確定します。

早い人では、四年生の初めから勉強を始める人もいますが、今回は今まで全然授業を聞いてこなくてできるだけ勉強量を少なくしてCBTを受かりたい人向けの勉強法です。

続きを読む

文系から医学部に行く方法

高校二年生になる頃に、文系か理系かの選択を迫られます。この時、自分の将来をはっきりと見据えて文理選択する人は少数で、得意科目がどちらにあるかで決める人が多いのではないでしょうか。

国語や社会が得意だから文系を選んだものの、医学部を目指したくなった人はどうすればいいのでしょう。

僕の高校にも、文系から理転して医学部に現役合格した人がいます。今回は彼の勉強法を参考にしながら、文系から医学部に合格する方法について書いていきます。

続きを読む

医学部の地域枠とは?メリット、デメリットを解説!

近年、医学部に一般入試ではなく、地域枠を使って受験する人が増えています。以前までは地域枠というのは、地元出身者だけが受けられる制度だったのですが、近頃は出身に関わらずに全国から受験できる大学も増えていることが増加の一因です。

地域枠受験とは何かよくわからない人が多いと思います。簡単に説明すると、卒業後にある地域で働くことを強制される代わりに、様々な恩恵が得られる制度です。

今回は、医学部の地域枠についてさらに詳しく説明すると共に、メリットとデメリットを比較したいと思います。

続きを読む

バカでも医学部に現役合格する方法

昔ある高校生が、「私は本当は医学部に行きたいけれど、頭が悪くて勉強ができないから、現役は他の学部を目指す。それでダメだったら次の年は医学部を目指す。」と言っていました。

彼女はその時二年生だったので、僕は、今からでも医学部は全然間に合うから本当に行きたいなら現役で受かるように努力した方がいい、と言ったのですが、彼女は結局医学部以外の大学に入学しました。

続きを読む

全国の医学部の数

平成29年現在の医学部の数は、新設された国際医療福祉大学を含めて全部で82校です。

国立大学が42校、私立大学が31校、公立大学が8校、そして文部科学省管轄外である防衛医科大学が1校あります。

それでは、医学部の数の変遷を見ていきましょう。

続きを読む