生理学の効率のいい勉強法

前回、解剖学の効率のいい勉強法という記事を書きましたが、今回は基礎医学の中で解剖学に並ぶボリュームを誇る生理学の勉強法について同様に書いていこうと思います。

そもそも生理学とは、人間の体で何が起きているかを知る学問です。ホルモン・細胞・神経の働きなどの「機能」について学びます。

解剖学との違いは、解剖学は人の「構造」についての学問であり、とにかく名前と場所、形を頭に詰め込まなければなりませんでしたが、生理学は一連の流れがあるため、頭の中でつながりを作りやすく覚えやすいと言う人は多いです。

続きを読む

解剖学の効率の良い勉強法

医学部生が最初にぶちあたる壁、解剖学。人体の構造についての学問で、筋肉や血管、神経の名前や場所を細かく覚えていきます。

とにかく量が多く、覚えるしかないと言われればその通りなのですが、その覚え方を工夫すれば人よりも効率良く短時間の勉強で試験に受かることができるでしょう。

続きを読む

医学部の学科の種類は?何を勉強するの?

世間で「医学部」というと医学部医学科を指していることが多いです。しかし、医学部の中には医学科以外にも様々な科があるのです。

今回は、医学部の中に含まれる様々な学科と、学習内容について書いていこうと思います。

続きを読む

医学部生はモテる!?医学部の恋愛事情の真実

他の学部の友達と話していると、医学部生はモテるというイメージを抱いている人ばかりです。

実際にモテるかというと、現役医学部の僕に言わせてもらえば、確かに医学部というのは一つの武器だが、それだけでモテるということはない、です。

モテるどころか、彼女すらできないで6年間を終える人もいます。

モテる人と彼女もできず終わる人の違いは何か、今回は医学部の恋愛事情について書いていきたいと思います。

続きを読む

医学部の暗記ゲーについていけない人へ

僕が医学部に入った理由は、理系で成績が良かったから、です。

文系の暗記よりも、数学の公式や物理の法則、化学反応の機序を論理的に理解して、応用させて問題を解く、というのが好きでした。
文系科目の社会は、理解ではなく暗記力が必要です。僕は絶望的にものを覚えるのが苦手でした。どれくらい記憶力が無いかというと、普段一緒にいる友人の名前も突然忘れるくらいに記憶力がありませんでした。社会の成績はいつも学年では底辺を彷徨っていました。

続きを読む

医学部の再試の実態

医学部は、他大学と比べても特にテストが多く、内容も厳しいです。

多くの医療系大学において、一年生は教養科目で試験は少なくほとんどの人が受かりますが、二年生になって医学の勉強が始まると、一気に勉強量が増え、試験の量、内容ともに厳しくなるので再試にかかる人が増えます。

続きを読む

医学部の平均浪人年数ってどれくらい?

医学部は、他の学部と比べても浪人生の割合は多いと思います。浪人を重ねて学費がかさんでも目指すだけの価値があるということです。

しかし、浪人生にとって不安なのは、現実的に医学部に浪人生はどのくらいの割合でいるのか、そして最高何浪までいるのか、ということです。

続きを読む

医学部で学ぶ内容は?専攻はいつ決める?

医学部は、理学部や工学部のように専攻が決まっているわけではありません。診療科ごとに学生が医学部内でそれぞれ分かれて学ぶのではなく、全員が全診療科の勉強を一通りするのです。

それでは、いつ自分の専門分野のみに集中するのかと言いますと、大学を卒業して研修医として2年の前期研修を終えた後にやっと何科の医者になるかを決めるのです。

それまでいったいどのような勉強をするのか、大学ごとに細かなカリキュラムは異なりますが、以下に詳しく書いていこうと思います。

続きを読む

医学部は何年制なの?

医学部(正確には医学部医学科)はズバリ6年制です。

私立も国立も関係ありません。どこの医学部も6年間あります。

6年目に医師国家試験と卒業試験があり、両方ともパスすると研修医となって病院に勤めることになります。つまり、現場で仕事をする頃には、浪人も留年もせずにストレートでいっても24歳ということになります。

続きを読む

医学部の勉強はメチャきつい。どう乗り越える?

医学部の勉強ってとてもきついです。具体的に何がきついかというと3点あって、授業、実習、テストです。

医学部に入れば給料高くて勝ち組コースだと考えている人がいるかもしれないですけど、高給得るためにはそれだけの努力が必要なのです。

続きを読む